book

[book]雀聖と呼ばれた男の物語彼の名は-哲也-

今回紹介するマンガはですね。私が初めて見た麻雀マンガなのではなかろうかと。

今も前も色んな麻雀マンガはあったと思いますが、私の中での一番はやっぱこの作品になります。

哲也〜雀聖と呼ばれた男〜雀聖と呼ばれた彼の物語、ちなみに実在する人物になります色川武大(阿佐田哲也)wiki

というわけで、今回の作品のご紹介

哲也〜雀聖と呼ばれた男〜

原案 さいふうめい
漫画 星野泰視
分類 少年マンガ

あらすじ

昭和19年(1944年)、阿佐田哲也15歳。真珠湾攻撃から3年たったこの年、哲也は軍需工場で勤労動員させられていた。ある昼休み仲間と一緒に同僚のおっちゃんに博打を教えてもらっていた。その時、空襲が起きあたり一面が焼け野原になる惨事の中、逃げずに生き延びたおっちゃんから「運の悪い奴が死ぬんだ」と教わる。翌年、戦争に負け日本は貧しい状況にあった。何とか職を得た哲也は、就職先で博打をやっていることを知りその場に赴く。負け続けて土壇場に追い込まれた哲也は勝負師としての才能を開花させた。賭場での印南との出会いを経て横須賀で米兵相手に麻雀をやれば儲かると聞いた哲也は横須賀へ向かう。

引用:wiki哲也-雀聖と呼ばれた男

感想

Kindleでたまたま見つけて懐かしくなったんで読みましたけど、相変わらず面白いなって言うのが率直な感想です。

基本的には玄人技と言って、自分たちの知らない世界の麻雀だったりしますけどそれがまたいい味を出してるのかもしれませんね。

今でもドラ爆とか緑の配が俺に集まる・・・とかネットで麻雀やってるとたまに言ったりしますけど、それだけ印象が強いってことなんでしょうね。

ちなみにキャラで言うと哲也の師匠でもある、房州さんが一番好きです。ツバメ返しとか2の2天和とか夢ありすぎ。

あとがき

今度改めて全巻読破したいなっと思ってます。各キャラクター、個性的なキャラクターが多くてどんな戦いを繰り広げるのかってのがまた楽しかったりしますよね。

もう既に連載終了して長い作品なので、ご興味がある方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. [猫]ソマリを飼うまでの軌跡。ソマリのミコちゃんとの出会い
  2. [グラブル]武器編成とかスキルとかの説明的な記事
  3. 【猫】うちの猫が溶血性貧血と診断されました。
  4. [タガタメ]誰ガ為のリセットマラソン-タマモゲットまでの回数-
  5. [GAME]Switchのソフト3本ほどやったので、簡単なレビューでも

関連記事

  1. book

    [book]今気になって読んでる無料掲載マンガまとめ

    気づいたらどんどん寒くなっているこの頃。これ面白い!これも面白…

  2. book

    [book] 寄宿学校のジュリエット、これが現代のロミオとジュリエット?

    寄宿学校のジュリエット、さすがにあぁ、ロミオ!みたいな感じではありませ…

  3. ワンピース77巻

    book

    [book]ワンピース77巻発売したので読んだの巻

    気づいたら新刊が発売されてる。週刊誌は大体そんなイメージが…

  4. book

    [book]人類の敵とは一体-無能なナナ-

    昨日少しだけ時間があったんで、色々と探ってたりしたんですが気になった作…

  5. book

    [book]魔王城に囚われた姫が求めたもの-魔王城でおやすみ-

    一般的な認識って魔王に囚われた姫は人質として扱われ待遇はあまり良くない…

  6. だがしかし2巻

    book

    [book]だがしかし2巻購入せざるを得ない

    水曜日に発破された「だがしかし2巻」、水曜日は昼休みに抜け出せ…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. [アイテム]ネスカフェドルチェグストが便利で楽。気軽に飲めるコーヒーとは
  2. [グラブル]イベント:ゼノコキュートス、ウォフマフナフ開催-入手武器など-
  3. [猫]ソマリは可愛いし、おすすめ。ソマリの良いところと気になるところまとめた

スポンサードリンク

PAGE TOP