猫の投薬方法

まとめ

[猫]投薬方法の是非。実践して分かった一番楽な投薬方法とは

ペットを飼っている人なら誰しもが一度は投薬方法について悩むのではないでしょうか?

飲みやすい薬とかならまだしも、中には苦くて不味い薬なら口に入れた瞬間、泡を吹き出す猫もいると思います。

不味い薬で有名なのはコクシジウムという寄生虫を排除するために用いられる薬とかですね。

人間なら「これを飲まないことには治らないからな…」とか考えた襟出来ますけど、ペットは違います。まず、間違いなく不味ければ薬を飲みたがりません。

過去に何度か記事として掲載していますが、我が家のソマリ、ミコは貧血により毎日の薬が欠かせません。

今までミコは錠剤・粉薬・液体と、様々な薬を飲んできましたし、与えてきました。今もそれは続いています。

投薬はひとつの課題として、色々な方法を試してきた結果・感想を今回の記事にしたいと思います。

猫の投薬方法-錠剤・粉末・液体-各種与え方。

実際に猫の投薬方法について色々と調べて分かると思いますが、皆さん創意工夫を行っています。

先人の知恵があるからこそ、何かあったときに調べることができるっていうのは良い世の中になったなって思います。

猫への投薬-錠剤編-

さて、先ずは錠剤での与え方となります。

固形である分、飲みにくい薬だと飲んでもらうのが中々難しかったりしますよね。

我が家で実際に実践した方法と提案を合わせてご紹介したいと思います。

猫への錠剤投薬方法その1-市販のカプセルに詰める-

そのままの意味となりますが、市販のカプセルに錠剤を詰める方法です。

実際に私が使用したのはこちらとなります。カプセルでも一番小さいサイズのものとなります。

レビューでもありますが、結構猫の投薬で使用している人も多いですね。

錠剤がカプセルに入り切らない場合は割って入れましょう。

後は猫の首を上向きにしてから口を開き、出来るなら舌の付け根付近に投薬し、口を塞いで喉をなでるようにさすります。

少ししたら、離してあげましょう。口からぽろっとカプセルが出なければ成功です。

慣れてくれば、個人的にこの方法が二番目に楽だなって思う方法です。

しかしながら、手前に落としてしまい、カプセルを飲み込まないと唾液でカプセル自体が溶け始めます。また、吐き出すときにカプセルを噛んでしまうと失敗となります。

もし、この方法を試すのであれば失敗したときに、再チャレンジしてもいいかどうかを一度獣医さんに相談しておくと良いでしょう。

また、投薬後にカプセルが喉等にくっついて胃腸に届くのを妨げないようにシリンジ等で給水も行ってあげましょう。

ちなみに、この方法は我が家での投薬成功率約80%でした。

猫への錠剤投薬方法その2-餌と混ぜておく-

この方法は比較的苦くない薬なら、我が家では問題ありませんでした。

薬の種類で言うと、整腸剤とか下痢止めの類ですね。何故か、整腸剤等一緒に入れると真っ先にそれを食べてましたが。

ちなみに、この方法は基本的におすすめしません。問題なく食べてくれる子なら良いですが、薬が嫌いな猫なら先ず間違いなく食べずに残します。

「餌の中に不味いものが入ってる」と思い、餌を食べなくなってしまうのも良くないと思い、我が家では基本的に行いません。

猫への錠剤投薬方法その3-錠剤そのまま口に突っ込む-

カプセルに入れるのは不安という方は、その1で紹介した口を開いて突っ込む方法をカプセルなしで行ってみましょう。

この方法ですが、我が家のミコが病気と判明した初日に試そうとしたところ、見事に失敗しました。

病気で元気がないにも関わらず、どこからそんな力を出しているのかと言うほど、全力で拒否し、口から白い泡を吹き出しました。

獣医さんなんかは平然とやってのけますが、私としては中々難しいと感じました。

コツとしてはカプセルであげるのと同じ、舌の付け根付近で落としてあげることが大切です。

人間が下で味覚を感じるのと同じで、猫も味覚を感じた瞬間、全力拒否と言った気持ちになるんでしょうね…、飼い主に出来ることは舌で味合わないようにしてあげるということでしょう。

余談ですが、こういった錠剤を挟んで、舌の付け根に落とす補助道具としてピルガンが存在します。

私も一度試してみようかと思ったことがありますが、実際には使っていません。

もし、口を開いたとしてもあまり広げない子なら、こういったピルガンを用いてあげると、味あわせないようにすることが出来るかもしれませんね。

猫への錠剤投薬方法まとめ

私が知る、3つの方法を提示しましたが、一番いい方法は自然と食べてくれるその2であると思います。

ですが、記述したとおり、この方法は難しいと考えておくほうが良いですね。

その次で言うと、その3の錠剤そのままでしょうか。

やはり、余計なものがない分、飲んでしまえば必ず胃で溶けてくれるでしょう。

その1は楽ではありますが、やはりカプセルという外殻を使う必要があるため、胃の中で溶けてくれたら問題ありません。ですが、喉にくっついたり、全部溶けず一部が糞として排出される可能性も0ではないと思います。

ですので、カプセルを用いた服用方法は獣医師とご相談の上、決めるようにしてください。

口を開かせる方法ですが、NEKOPEDIAという猫専門獣医師の方が記事にしている方法が分かりやすいです。

もし、口の開き方が分からない場合は参考にしてみると良いかと思います。私も参考にさせていただきました。猫の薬の飲ませ方 〜投薬のコツ〜(NEKOPEDIA)

カプセルに入れて投与 メリット:上手く行けば味合わずに済む。
デメリット:口に張り付く可能性。噛むとおじゃんになる。
餌に紛れさせて入れる メリット:素直に食べてくれれば一番楽。
デメリット:ほぼほぼ成功しない。
錠剤のまま投与 メリット:上手く行けば一番自然な方法で投与出来る。
デメリット:慣れてないと投薬自体が難しい。

猫への投薬-粉薬編-

最近我が家のミコはもっぱら粉薬での投薬となっています。

私が実際に試した方法は2種類となります。

猫への粉薬投薬方法その1-液状のおやつと混ぜる-

多分ド定番の方法だと思いますが、液状のおやつと混ぜる方法です。

分かりやすいのだと、ちゅ~ると粉薬を混ぜて猫自体に自主的に舐めてもらう方法ですね。

この方法はわりかし簡単であり、始めのうちは猫も舐めてくれる可能性が高いでしょう。

我が家もこの方法が主流でしたが、いかんせん。長い投薬生活のせいか、この方法ですら嫌がるようになってきました。

また、相当不味い薬だと、この方法でも臭いを察知して舐めすらしない可能性もあります。

ですが、一時的な投薬や、そこまで不味い薬でなければ非常に有効な手段と言えます。

口を開けさせるのが難しい場合は一度試してみる価値はあるかと思います。

猫への粉薬投薬方法その2-水に溶かしてシリンジで与える-

我が家の最近の主流はこちらです。

粉薬自体は水で溶かし、シリンジに吸い出してから口に突っ込んで与える方法となります。

今の所、投薬成功率は100%で、粉薬を溶かす時間を省いて考えると、一番早く済ませることが出来ます。

しかしながら、味はしっかりと薬の味がするでしょうから、こちらも錠剤編と同じで出来る限り舌の付け根を狙ってあげましょう。

また、口に突っ込むことから、シリンジは細いサイズのシリンジを用いることをおすすめします。

猫への粉薬投薬方法まとめ

前述したとおり、元々主流な方法としてあげていた「ちゅ~るで混ぜる作戦」ですが、ある時期から舐めることすら嫌がるようになりました。

しかし、ちゅ~る自体は喜んで舐めるため、薬そのものの味に敏感になったのかもしれませんね。

本当、この方法でずっと投薬していたため、拒否し始めたときは相当頭を悩ませました。

ですが、水で溶いてシリンジであげる方法を試してからは液体をシリンジで投与するのが一番簡単だと気づきました。

少々コツはいりますが、慣れてくると手っ取り早く終わりますので。

ちゅ~る作戦でつまずいた人はぜひとも試してほしいと思います。

液状のおやつと混ぜる方法 メリット:誤魔化すことが出来たらお互いストレスフリーで投薬できる。
デメリット:投薬毎におやつを消費することになる。なので、カロリー計算はしっかりと。
水で溶かしてシリンジで与える方法 メリット:慣れてしまえば数秒で終わる。
デメリット:薬を溶かすのが大変。

猫への投薬-液状薬編-

液状の薬って実はそこまで多くないですよね。

我が家のソマリ、ミコは貧血ということもあり、貧血に効果があると言われているアトピカという液状薬を使用しています。最近は効果がいまいち感じられないため、獣医さんと相談し中断していますが。

アトピカもそんなに美味しいわけではないためか、そのままじゃ舐めてくれません。

というわけで、アトピカを与える際に実際に試した方法を掲載します。

猫への液状薬投薬方法その1-液状のおやつと混ぜる-

粉薬の欄でも載せましたが、液状のおやつと混ぜ混ぜする方法です。

粉薬同様、好みがあるため、これで舐めるようなら問題ありませんが、舐めない可能性もあります。

実際、我が家のミコも最近までは舐めていましたが、今では嫌がります。

なので、続いても似たような方法になりますが、そちらに移行するようになりました。

猫への液状薬投薬方法その2-シリンジで直接与える-

元が液状ということもありますので、シリンジに必要量吸い取ってから直に口から摂取させる方法です。

勿論ながら嫌がります。ですが、さくっと済んで苦しまない方法のため、慣れてくればこちらの投薬方法の方が良いかもしれませんね。

猫への液状薬投薬方法まとめ

液状という性質から、おやつと混ぜ合わせやすくもあり、そのまま経口摂取もしやすいという、ある意味一番良い薬の形状なのかもしれませんね。

一時的な方法なら粉薬と同じで、おやつと混ぜ合わせるというのもありかと思います。その辺りは飼い主が与えやすい方法で、猫とお互いストレスが掛からなさそうな方法を試すのが良いでしょうね。

液状おやつと混ぜる方法 メリット:お互い液状なのでよく混ざる。
デメリット:薬が不味ければ舐めない可能性がある。
直接口から投与する方法 メリット:必要量を吸い取って口からあげるだけ。
デメリット:結構嫌がるので、早急に済ませてあげる必要あり。

あとがき

途中にも記載しましたが、改めて私が思う一番楽な投薬方法はシリンジで口から与える方法ですね。

口さえ開けてもらえれば、さっと1秒ほどで終わります。

投薬後は頑張った報酬+口の中の味を変えてもらうために、ちゅ~るをほんの少しだけあげるようにしています。

一番良いのは薬を飲まない健康状態、というのが一番なんでしょうが、いずれは必ず通る道だと思います。

そのとき、どういった方法で与えるかは飼い主さん次第となります。

方法として、液状のおやつを混ぜるといった方法も舐めてくれさえすれば非常に有効な手段と言えます。

それぞれの猫にあった最適な投薬方法で、出来る限り飼い主&ペットもストレスフリーでいられるのが一番です。

もし、今後他にも良い投薬方法があったら追って記載したいと思います。

それでは、今回はこれにて失礼します。

今回書いているときに聴いていた曲

その他

ピックアップ記事

  1. [タガタメ]誰ガ為のリセットマラソン-タマモゲットまでの回数-
  2. [グラブル]よろず屋シェロなんばマルイ出張所遊びに行ってみた[番外]
  3. [グラブル]サプチケはキャラ?キャラなし?召喚石?
  4. [グラブル]武器編成とかスキルとかの説明的な記事
  5. [猫]ソマリを飼うまでの軌跡。ソマリのミコちゃんとの出会い

関連記事

  1. [猫]猫を飼いたい人に気をつけてもらいたいこと自分なりにまとめてみた

    [猫]猫を飼いたい人に気をつけてもらいたいこと自分なりにまとめてみた

    どうも、コーヒーばっかり飲んでいる私です。ペットと暮らす生活。…

  2. [猫]愛猫の食事って色々考えますよね?猫の食事について私なりの考えまとめ

    まとめ

    [猫]愛猫の食事って色々考えますよね?猫の食事について私なりの考えまとめ

    どうも、私自身はそこまで食に特にこだわりがないですが、愛猫は別です。…

  3. 下駄箱の中のミコ

    まとめ

    [猫]家猫が好きな場所ってどこ?猫が思う居心地が良いと思う所とは

    将来の夢のひとつとして「猫と一緒に暮らす」を実現したどうも私です。…

  4. [猫]我が家のソマリ、ミコの近況。再び貧血気味に。

    [猫]我が家のソマリ、ミコの近況。再び貧血気味に。

    我が家のソマリ、ミコの貧血についての話しですが、詳しくはこちらの記事に…

  5. [猫]ソマリは可愛いし、おすすめ。ソマリの良いところと気になるところまとめた

    ソマリ

    [猫]ソマリは可愛いし、おすすめ。ソマリの良いところと気になるところまとめた

    どうも。私は猫を飼うと決めていたその日から、飼うならソマリと心に決めて…

  6. [猫]時間が経つの早いものでソマリのミコが来てからもう半年が過ぎました。

    半年が過ぎたなーとか言ってたらそのうち1歳になりました。ってなってもお…

スポンサードリンク

最近の記事

  1. 城塞攻略ストーンヴィジル
  2. 猫の投薬方法

スポンサードリンク

PAGE TOP